通学バック

ランドセルは、小学生の通学バッグとして欠かすことが出来ないものです。
ランドセルが日本に輸入されるようになったのは江戸時代のことです。しかし、当時のものは今のような素材、形ではなく布製のもので、背嚢(はいのう)と言われるものでした。
また、当時は小学生の通学バッグとして使用するものではなく、軍用に使用されていたとされています。

小学生が一般的にランドセルを使用するようになったのは、明治18年以降だとされています。
それまでは、学習院に馬車や人力車などで通学をする生徒がいました。しかし、この頃に馬車や人力車による通学が禁止されました。
そこで、教科書などの学用品などを入れるための通学バッグとして背嚢が使用されるようになりました。

2年後の明治20年には、今のような形のランドセルになりました。
当時の総理大臣であった、伊藤博文が大正天皇の学習院入学を祝いのために特注で作ったのが始まりとされています。

ランドセルは、背中に背負うことで、重さを軽減することが出来て両手が使えるというメリットがあります。
ランドセルが作られてから戦前までは都会の子どもたちしか使用していませんでしたが、昭和30年代頃になると一般的に普及していきました。

ランドセルは、輸入してきた背嚢をオランダ語でランセルというところから名付けられたとしています。
しかし、小学生が通学時にバッグを背負う国はほとんどなく、今では日本独自のものと言っても過言ではありません。

外部リンク

アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031